第2期 打ち込みセット

Posted: 10月 30, 2012 カテゴリー: Synthesizer & MIDI
タグ:, , , , , ,

第2期 打ち込みセット 東京時代編

私が高校を卒業と同時に上京して、親の目からも遠く離れ、池袋のイシバシ楽器店やクロサワ楽器、高円寺のジャンクションミュージックといった楽器店巡りを休日の日課としていた1988年から91年くらいに買い足していったセットをご紹介いたします。例によってそれぞれの詳細な情報はまた別に書きますので、ここでは当時どんな機材を使っていたかというまとめ的なお話です。

roland_juno106b

高校時代までの機材はすべて一緒に東京に持ってきていたのですが、シンセの音源はもっぱらFM音源しか持っていなかったので、私がまず東京へ来て欲しくなったのはアナログシンセでした。
ここで最初にRoland JUNO106を中古で入手しました。続いて同じくRoland JX8Pという見た目デジタル、でも出音はアナログ風なやつでした。どちらも個性的なやつでJUNOでは基本的なアナログシンセのフィルターを駆使した音作りにハマり、JX8Pでは音作りするためのプログラマーという別売のものが必要だったのですが、中古で買ったのですがそれは付いてなくて、ほとんどプリセットの音をちょっといじるみたいな使い方をしてました。JX8Pはとても優しい感じのフワっとした音の印象が良かったのですが、液晶が調子悪く程なく手放してしまいました。

roland-jx-8p

続いて狙ったのが、当時流行りだしていたマルチ音源、Roland D110でした。これはとても万能で守備範囲も幅広くいつも曲の中で同時発音数ギリギリになるくらい多用しました。

そんな感じで急速にセットが充実していったところで衝撃の出会いがありました。KAWAI Q80というシーケンサーです。それまでのYAMAHAQX5とは全然違い、使い方がすごい分かりやすかったです。32トラック、で各トラックにはMIDIチャンネルを混在させることができなく、つまり1トラック=1チャンネルという分かりやすさ、しかも再生時に各トラックを自由にON/OFF出来るというフレキシブルさ。もう完全に打ち込みの世界が変わりました。曲作りの自由さが圧倒的でした。KAWAI Q80はいまだにメインで使ってますが、途中、スイッチ類の不調などもあり、今のは2台目なんです。

それからドラムマシン関係ではRoland R8、こいつはリアルタイムで打ち込む際、パッドの叩く位置によって音を変えられたり、フラムやロールを表現できたりと「ヒューマンリズムコンポーザー」というネーミングは伊達じゃなかったです。別売の音色カードもめちゃめちゃ買いました。R8は以降、長いことメインのドラム音源としてお世話になりました。同じくドラムマシンでALESISのHR16という変わり種も入手しました。これはすごくパンチの効いたまさに「アメリカ」的な音でかっこ良かったです。ただプログラム方法とかが国産のそれとは違って使いづらかったですね。マニュアルも英語のままでしたし。

hr16

あと当時使ったのは、自身初めてのサンプラーでKORG DSM1というラックタイプのマイナーなサンプラーでした。中古でちょっと安かったので衝動買いでした。付属のディスクに入っていた音はものすごくクリアで感動したのを覚えていますが、当時はほとんど使いこなせずすぐに手放してしまいました。そうです、若い私にはまだサンプラーは早過ぎました。

最後に私が東京にいたときの一番の買い物は、何と言っても中学時代からHoward Jonesに憧れていたので、ずっと欲しかったRoland JUPITER8です。あるとき雑誌の広告に掲載されていた中古情報を見て即電話で押さえてその足で買いに行きましたが、あまりの重さに電車で持ち帰るのを断念した覚えがあります。それでも当時中古で48万円ほどしたと思います。因みに定価は98万円でした。私が買ったのはUS仕様の逆輸入品でしたので120Vの昇圧トランスも一緒に購入しました。これを手にしてからはHowardの曲を弾きまくりでしたね。ああ、同じ音だ〜って感動で。

jupiter8

とまぁ、私が東京にいた2、3年でどれだけ買い物したんだよって話ですが、若かった当時は食うのも我慢して生活費よりも楽器代が多いみたいな生活でした。今はもうそんなことできませんが、今となっては良い思い出ですね。

第2期 打ち込みセット 東京時代の打ち込み機材

Synthesizers YAMAHA DX7S、YAMAHA DX21、Roland JUNO106、Roland D110、Roland JX-8P、Roland JUPITER8、YAMAHA TX81Z、KORG 707
Sequencer YAMAHA QX5、KAWAI Q80
Drum Machines BOSS DR220E、Roland TR505、KORG DDD5、Roland R8、ALESIS HR16
Sampler KORG DSM1
Mixer KORG KMX122、Maxon PSM8
4track MTR TASCAM Porta05
MIDI PATCH BAY KORG KMP68

コメント
  1. matsudananda より:

    追記です。KORG 707なんていうショッキングピンクで49鍵のシンセも東京時代に買ったものです。まだ家にあります。後日、地元に帰ってきてからのライブで何度か使いました。

  2. […] KORG DSM-1 1987年発売。定価348000円。さらにDSS-1のモジュール版であり、メモリーをアップしたDSM-1も話題を呼びました。こちらは私の東京にいた時代に中古で入手、そのあまりの過剰スペックに使いこなせなかったという代物です。 […]

  3. […] 以前ご紹介したように、私も数台のドラムマシンを使用してきましたが、中でも今回ご紹介するRoland R8はとても長いことシステムの中心的ドラム音源として活躍しました。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中