ざっくばらん!シンセサイザーの歴史

シンセの音源方式の進化をざっくばらんに?ご紹介いたしましょう。シンセの歴史の中でいくつかエポックメイキングになった出来事がありますが、まとめは最後にということで早速・・・

moog III

1960年代 シンセサイザー黎明期
1965年にロバート・モーグ博士がMOOG III(写真)を発表しました。シンセが楽器として鍵盤がついて電気的に音を発声させるという仕組みはこの頃から始まったようです。(その昔テルミンという鍵盤ではなく、手をかざして電気的に音を発声させる楽器はありましたが・・・)この時期のシンセは「タンス」と呼ばれるほど壁のように大きくそびえ立つものでした。この存在を世に知らしめたのがウォルター・カーロスの「スイッチト・オン・バッハ」というアルバムで全編通してこのMOOG IIIが使用されました。この他、キース・エマーソンやYMOの松武秀樹氏なども「タンス」愛用者として有名です。また、この「タンス」という呼称は狭義ではE-muのものを指すようです。

Minimoog

1970年代 アナログ・モノシンセ時代
Minimoog(写真)が1970年に発売。言わずと知れたアナログモノシンセの王者です。ライブステージでも活躍出来る大きさに小型化された最初のシンセでもありました。3VCO構成で音の存在感は絶対的で世界中のミュージシャンに愛され続けています。またそれまでのモジュラーシンセとは違い、パッチケーブルで音を合成していくのではなく、フロントパネルのツマミ(音・信号の流れが一目で分かる並びになっています)で簡単に音作りできるようになったのも広く使われた要因ではないでしょうか。このシンセはこの後、各社から続々と発売されるほぼすべてのシンセの基礎といっても過言ではないでしょう。70年代のアナログ・モノシンセでは他に、ARP Odyssey(1972年)やOberheim SEM(1974年)、国産ではKORG 800DV(1974年)などがあります。

prophet5

1980年前後 ポリシンセ時代
SEQUENTIAL CIRCUIT Prophet-5(写真)の1978年の登場は、ポリシンセ時代の到来の象徴でした。この当時各社からMOOG PolymoogやOberheim 4-Voiceなどのシンセが相次いでポリフォニック化を果たしていましたが、Prophet-5の画期的だったのは音色をメモリー出来たことです。以降80年代に入り、Oberheim OB-X、Matrix12、MOOG Memorymoog、KORG Polysix、YAMAHA CS80、Roland JUPITER8といったアナログポリシンセの往年の名機が次々に発売されました。

yamaha-dx-7

1980年代中期 デジタルシンセの登場
1983年にMIDI規格が誕生し、同年YAMAHA DX7も登場しました。DX7はそれまでのツマミやスライダーを多用したパネルデザインとは一線を画し、パラメータを呼び出して音色をプログラムするという使い方や16音ポリならではの弾き方も、そして何より新しいFM音源の登場によってシンセの音すらも変えてしまいました。他のメーカーでもKORG DWシリーズやRoland JX-8P、CASIO CZシリーズなどデジタル音源が登場しました。

KORG_M1

1980年代後期 PCM音源の台頭
1988年、KORG M1が発売されるや否や世界的にヒットしました。この頃のシンセ音源の流れとしては、サンプラーの普及とともに発展したPCM波形を効率よくシンセに取り込みよりリアルな楽器音を出すE-mu ProteusやRoland Uシリーズなどのサンプルプレイバック的な音源が主流となりました。またRolandからはDシリーズが、YAMAHAからはDXシリーズに代わりPCMを取り入れたSYシリーズなど登場し、一部の機種では他のシンセ音源とのハイブリッドにより、従来のシンセサイズも発展させたモデルも含まれました。

JD-800

1990年代 バーチャルアナログブーム
90年頃から再び、ビンテージとしてのアナログシンセブームが再燃することになります。この流れに当然、新製品としても昔のアナログシンセを彷彿とさせるRoland JD800が登場します。テクノやハウス系のムーブメントによって引き起こされたアナログシンセの再評価により、各社からもCLAVIA DMIのNord LeadやRoland JP8000、YAMAHA AN1xといった往年のアナログシンセサウンドを追求した機種が次々に発売されました。

そして2010年代現在はほぼあらゆるシンセの名機たちがPC上でソフトシンセとして再現出来る環境になっています。ここでシンセの歴史上の大きなポイントを順に整理してみると。

  1. 鍵盤をスイッチとして音を発声させる=楽器として扱いやすくなったこと。
  2. Minimoogの登場によりツマミによるパネルレイアウトでの音作りが完成したこと。
  3. 音色がメモリーできるようになったこと。同時期のポリフォニック化。
  4. 音源がデジタル化されたこと。同時期のMIDIの規格化。
  5. PCM波形を搭載したこと。

といった流れでしょうか。だいぶ大雑把なまとめではございますがいかがでしょうか。まだまだ歴史に隠れた名機もたくさんあると思いますので、今後もちょっとずつご紹介を続けていきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中