80′sアーティスト列伝 Howard Jones vol.3

Posted: 11月 25, 2012 カテゴリー: 80's Music & Artist
タグ:, , ,

80′sアーティスト列伝 Howard Jones vol.3

今回は前回に続いてHoward Jonesの3枚目のアルバム「One to one」についてご紹介いたします。

HOWARD JONES 3rd Album “One to one”
howard_jones_one_to_one
85年春に発売の前作から約1年半の1986年10月に発売。ただプロデューサーが前作までのエレポップの名手Rupert Hineに代わってあの巨匠Arif Mardinが手がけております。ですので前作までのエレポップ・シンセサウンド一辺倒路線からは大きく音作りが変わっています。当時の背景としてサンプラーの性能向上(Bit数や録音時間の容量アップなど)により大胆にサンプルサウンドが取り入れられています。おおまかに曲自体の作り方(書き方)は変わってないのですが、サウンド面でのアレンジが生っぽい音が主になりつつあります。とは言えバンドサウンドでもありません。シンセサウンドをリアルな楽器音に差し替えたリッチな打ち込みとでも言いましょうか。

M1の”You know I love you…Don’t you?”はアルバムのトップにふさわしい8ビートのノリの良い曲でギターのアルペジオやカッティングによるバッキングが前作までにない雰囲気を出していますがブラスリフやサビのメロディなんかは、やっぱり彼らしいアレンジです。M2の”The balance of love”はギチギチの打ち込みサウンドで彼らしくベースパートは4〜5の音色が重ねられています。バッキングのシンセ音もマリンバっぽい音やパーカッシブなものがほとんどでリズム重視の曲です。M3の”All I want”はとにかくサビのメロディが美しく彼のハイトーンヴォイスも健在、歌詞も美しい名曲です。雰囲気もいい感じですし。今でも大好きな曲です。M4の”Where are we going?”は極端にPANで振り分けられた生々しい声モノのサンプリング音のイントロで始まるゆったりした曲です。M5の”Don’t want to fight anymore”はコレまたサンプラー大活躍の面白い打ち込みが聴け、歪み系のギターのサウンドも聴ける激しい感じの曲です。M6の”Step into these shoes”は強烈な位相のおかしいブラスのサンプリング音(わざとですよねコレ)で始まり、Aメロなどはカラっと乾いた雰囲気のオケにのびのびと歌うヴォーカルが印象的です。タイトルに関連して、間奏にはタップダンスのサウンドなんか入っちゃってます。M7の”Will you still be there?”はパッド系、ストリングスメインのゆったりした曲でけっこうこの時期の彼のシンガーとしての成長と言いますか、これはこのアルバム全体に言えることですが、ヴォーカルのメロディラインに幅が出てきています。M8の”Good luck, bad luck”はアルバム後半でもうひと山といった感じのノリの良い曲です。サビもキャッチーで覚えやすいし、間奏ではピアノの早弾きが聴けます。M9の”Give me strength”はめずらしい打ち込みレゲエ調のゆったりしたノリで、この曲のヴォーカルも個人的に結構好きだったりします。M10の”Little bit of snow”はピアノ弾き語りのダークで哀愁あるメロディが印象的で、このアルバムで実は一番の名曲ではないかと思っております。大好きな曲です。そしてCDではM11にボーナストラックとして、前作のアルバムに入っていた”No one is to blame”のシングルバージョンが収録されています。このバージョンは、あのGenesisのPhil Collinsによってプロデュースされ、Howard Jonesの唯一の全米1位シングルです。ドラムとコーラスでPhil Collinsのグッドワークが聴けます。

Howard Jones ”No one is to blame”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中