80’s洋楽おもしろ邦題

Posted: 12月 5, 2012 カテゴリー: 80's Music & Artist
タグ:, , ,

80’s洋楽おもしろ邦題

80’sの洋楽シーンを語る上で欠かせないのが邦題の存在です。中には「どうしてそうなった?」な原題とは大胆にかけ離れているものも多くあり、そのインパクトは当時の売上にも貢献したであろうと考えられます。せっかくですから思いつくものを挙げてみましょうか。

Aerosimth ”Walk This Way” →「お説教」
Aerosmith ”Sweet Emotion” →「やりたい気持ち」
これはどちらも有名ですが、インパクトあり過ぎな・・・

Nena ”99 Luftballons” →「ロックバルーンは99」
ロックバルーンって何?

Michael Jackson ”Beat It “ →「今夜はビートイット」
何故に「今夜」なのか?

Wham ”Wake Me Up Before You Go Go” →「ウキウキウェイクミーアップ」
「ウキウキ」って・・・

Cyndi Lauper ”Girls Just Want To Have Fun” →「ハイスクールはダンステリア」
もはや意味が分かりません。学校は勉強するとこです。

Howard Jones ”Hide And Seek” →「かくれんぼ」
Howard Jones ”Like To Get To Know You Well” →「君を知りたくて」
Howard Jones ”Life In One Day” →「一日の生命」
Howard Jones ”No One Is To Blame” →「悲しき願い」
Howardネタはほぼ原曲の意味まんまな感じですね。インパクトは薄いです。

Starship ”We Built This City” →「シスコはロックシティ」
意味は分かります、シスコって逆に日本人に分かりづらい気がしますが。

Bananarama ”Love In The First Degree” →「第一級恋愛罪」
ウマい!そうそう、そんな感じです。

KISS ”I Want You” →「いかすぜあの娘」
KISS ”Baby Driver” →「激烈!ベイビー・ドライバー」
キャラ作ってますね。「いかすぜ」とか「激烈」とか。

Thomas Dolby ”She Blinded Me With Science” →「彼女はサイエンス」
Thomas Dolby ”The Flat Earth” →「地平球」
「地平球」はウマいこと作った言葉だなぁ、そのまんまだけど。

Duran Duran ”Girls On Film” →「グラビアの美少女」
結構インパクトありますね。

Berlin ”Take My Breath Away” →「愛は吐息のように」
これもなかなかの秀作です。

Culture Club ”Karma Chameleon” →「カーマは気まぐれ」
Culture Club ”Do You Really Want To Hurt Me” →「君は完璧さ」
意味的にOKってことで。

Thompson Twins ”We Are Detective” →「ぼくらは探偵団」
まぁ、そのまんまなんですが、探偵 ”団” ってつけたとこが。

The Buggles ”Video Killed The Radio Star” →「ラジオスターの悲劇」
有名ですね「悲劇」ですよ。

Kraftwerk ”Man Machine” →「人間解体」
怖いタイトルです。原題も十分怖いんですが。

Kajagoogoo ”Too Shy” →「君はToo Shy」
このセンス、好きですね。わざわざ「君は」って。そして英語まんまの「Too Shy」との組み合わせ技。

Billy Joel ”Tell Her About It” →「あの娘にアタック」
軽いノリですよね。アタックしちゃいなよ的な。

Christopher Cross ”Ride Like The Wind” →「風立ちぬ」
これもなかなかいい言葉です。

Phil Collins ”You Can’t Hurry Love” →「恋はあせらず」
そんな感じですかなぁ。大好きな曲です。

Bon Jovi ”You Give Love A Bad Name” →「禁じられた愛」
古めかしい表現ですね。ハードロックなのに。

Stevie Wonder ”I Just Called To Say I Love You” →「心の愛」
有名ですが、よく考えると「心の愛」って日本語的にどうなんですか?

Whitney Houston ”You Give Good Love” →「そよ風の贈り物」
う〜ん、雰囲気技ですかね?

The Police ”Every Breath You Take” →「見つめていたい」
気持ちを分かりやすく表現した感じですかね。

The Nolans ”I’m In The Mood For Dancin'” →「ダンシング・シスター」
だいぶ考えたんでしょうね。考えた末に・・・

Billy Ocean ”Get Outta My Dreams, Get into My Car” →「明日へのハイウェイ」
これはひどい・・・

Janet Jackson ”What Have You Done For Me Lately” →「恋するティーンエイジャー」
これもひどい・・・

Prince ”When Doves Cry” →「ビートに抱かれて」
もはや・・・

80’sの邦題も名作あり、迷作あり、非常に面白い世界ですね。というか今まであんまり意識してなかったんですが、中には「そうだったの?」的なもの、意外とシンプルなもの、安易?なもの、奇を衒ったものもあったりして調べてみるとまだまだ出てきそうですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中