80’s Drum Machine Linn & AKAI MPC

Posted: 12月 15, 2012 カテゴリー: Synthesizer & MIDI
タグ:, , , , , , , , ,

80’s Drum Machine Linn & AKAI MPC

以前ご紹介しました80’sのサンプラーに関する話題でもありました通り、80年代はサンプリング技術が一気に普及した時代で、ポピュラーミュージックとの関わりで言えば、初期のサンプリング技術、打ち込み環境の進化の大きな原動力となったのはドラムサウンドの需要でしょう。何故って、生ドラムのレコーディングは大変なんです。10本前後のマイクを立てて自然に聴こえるミックスを作るのはプロと言えど一人で出来るものではありません。それにバンドで大概、曲を書くのはヴォーカルかギターなど、ドラマー以外の人間が多いので作曲の為にドラムをいちいちレコーディングしていたのでは時間や手間、予算が莫大にかかり効率的ではありませんから、そうした際に生のドラムの代わりとなるドラムマシンの存在は非常に需要があったのだと思います。それにドラムの場合は基本的にワンショットサウンドですので一部のシンバル系の音以外は非常に短いサンプリングタイムで済みます。要は持続音がないので高価で少ないメモリを効率的に使える楽器音なわけです。

そして70年代からドラムマシンは存在していましたが、主にアナログ音源を使ったものが多く、ジャンル的に好んでこれらの音色を使うもの以外ではポピュラー音楽のバックとして使う音源には至りませんでした。そこに登場したのがLinn Electronics社の79年発表のLinn LM-1でした。このマシンは単体のドラムマシンとして世界で初めて8bitサンプリングサウンドを搭載した画期的なマシンでした。あのWham!の「Last Christmas」で使用されているので有名です。他にもPrinceやMichael Jacksonのアルバムでも使用されていたようです。

Linn_LM-1_Drum_Computer
Linn Electronics LM-1 Drum Computer 1979年発表。

続く82年にはLinn LM-2(通称Linn DRUM)が発売され、こちらは12bit化、メモリの増量などパワーアップし、こちらもCulture ClubやPrinceなどの80’sを代表するミュージシャンに使用されることとなりました。

Linn_DRUM
Linn Electronics LM-2 “Linn DRUM” 1982年発売。

そしてLinn DRUMの世界的なヒットに続いて登場したのが1984年に発売されたLinn9000です。こちらはLM-1、LM-2ときた型番がいきなり9000になっていて、トレードマークだった面構えもパネル上のオレンジの文字やサイドウッドもなく、冷たい感じのマシンです。そのサウンドはMichael Jacksonの「Bad」やGeorge Michaelの「Faith」などでも使用されたようです。そしてこのマシンはサンプリングカードの増設によって自分でサンプリングも可能という画期的な機能もありました。

しかし80年代も中期のこの頃にさしかかるとPCMサウンド搭載のドラムマシンも各社から安価なものが次々と登場し、86年にLinn Electronics社は倒産してしまいます。楽器メーカーのストーリーって、いくらヒット製品を出してもこの手の話題に事欠きませんよね。本当、ある意味楽器メーカーで起業するというのは夢はありますがギャンブルですよね。で、このLinn9000が会社にとっての最後の製品となってしまったわけです。


Linn Electronics Linn9000 DEMO 左側のスライダーでハイハットのディケイを調整してオープン・クローズを再現しているようです。考えたものですね。

そして、このLinn Electronics社の倒産後、創業者のRoger Linnは、AKAIに入り、Linn9000までのノウハウを注ぎ込み、あの名機、AKAI MPC60を開発することになりました。何と言ってもMPC60の良さはAKAIならではのそのサンプラーとしての使い勝手の良さとLinn直系のドラムマシンライクなパッドによる打ち込みのしやすさが一緒になっているところで、シーケンサー部も99トラックと当時の専用機としては革新的でエディット機能などもとても充実していました。まさに「Music Production Center」の名に恥じない名機でその後もこのMPCシリーズは長きに渡りバージョンアップされHIP HOP界を始め、世界中のファンに愛されることとなります。

akai_mpc60
AKAI Professional MPC60 1988年発売。定価440000円。中央上部にRoger Linn氏のサインが入っていますね。いまだにカッコいいデザインだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中