80’s一発屋列伝 vol.7

Posted: 12月 26, 2012 カテゴリー: 80's Music & Artist
タグ:

80’s一発屋列伝 vol.7

久々に思い出したバンドがございまして。久々の一発屋列伝です。1988年にアメリカ、ミネアポリスからデビューした”Infrormation Society”です。1stアルバムM1の大ヒット曲「What’s On Your Mind (Pure Energy)」が有名です。80’sのダンスシーンを意識したエレポップバンド?とでもいいましょうか。

insoc
INFORMATION SOCIETY “INFORMATION SOCIETY” 1988年発表。

80年代後半ということもあり、サウンドは固めのデジタルサウンドです。グルーヴもほぼジャストな打ち込みノリですが、メロディがキャッチーだったり、空間がシンプルに整理されていてスッキリ聴きやすい心地いい感じです。あらためて聴いてみると本当、以外にシンプルな音空間なんですよね。当時はもっと刺激的に聴こえたはずなんですが。曲もシンプルですし。

そんな中にもセンスある音色だったり、リズムの凝り方が面白かったり、サンプリングでスタートレックの声ネタを使っていたりと様々なギミックが楽しめます。シンセベースはほぼDXかという感じの固い音です。


INFORMATION SOCIETY “What’s on your mind (pure energy)”

いやぁ、このPV懐かしいです。ポップですねぇ。これぞ80’sの世界です。

そして2ndアルバムは持ってないのですが、92年発表の3rdアルバム「Peace & Love Inc」の方がアルバムの完成度は半端なく高いです。音の密度も高いですし、90’s初頭のテクノ・ハウスシーンを意識しながらも独自のポップセンスでキャッチーな曲で、サウンドのこだわり方ではその筋のシンセマニアも頷かせるパワフルさもアリで・・・しかし、このバンド、この名盤3rdを最後に分裂してしまったようです。もったいない。

peace_and_love_inc
INFORMATION SOCIETY “PEACE AND LOVE INC.” 1992年発表。

個人的にもこの3rd「Peace & Love Inc」は当時かなりハマって聴いてました。

しかし、このバンド、エレポップとかテクノロジーやシンセフリークな(要はオタク的な)ノリというか臭いをぷんぷん漂わせながらも根暗な部分が見えないというか、とてもポップで明るいんですよね。多分、ヨーロッパの人間とか日本人がこういうノリで音楽に取り組むとサブカル的なノリでメインストリームとは距離感のあるものになると思うのですが、そこが良くも悪くもアメリカなんですよね。このバンドの曲をそっくりそのまま日本や欧州でやってもしっくりこないというか、もっとポップに歌を強調するか、もっとマニアックにやらないと厳しい感じがしますが、この絶妙なバランスでウケてしまう懐の広さがアメリカなんでしょうか。とにかくアメリカでこういったギークなやつらがウケる文化っていうのも面白いですね。まぁ、彼らにそのセンスがあったのは間違いない事実ですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中