熱しやすく冷めにくい。

Posted: 1月 21, 2013 カテゴリー: Uncategorized

熱しやすく冷めにくい。

唐突ではありますが、自分で自分のことを分析してみるとある結論に至りました。

「それは熱しやすく冷めにくい。」ということです。

どういうことかと言いますと私は娯楽に関するネタは非常に周囲に影響されやすいです。人から勧められるとすぐチェックしてみたくなります。いわゆるミーハーなんですね。マンガであれ、TV、映画、音楽、ゲームなどなど人がいいと言っているものにはすぐ興味が湧きます。

ですが、一度飛びつくとものすごく思い入れが発生しまして、執着してしまうところもあります。ほとんどの場合は勧めてくれた本人よりもハマってしまいます。

昔からマンガを読むのが人一倍遅く、何度もページを戻ってみたりする癖があります。ギャグマンガでさえ何度もじっくりと読んで人の何倍も楽しむのです。音楽 に関してもそうです。一度気に入ったアーティストのアルバムは全部集めて、何度も何度も聴き返します。洋楽に関しては気に入った曲はだいたい歌詞を覚える まで聴き込みます。必要とあらば耳コピ出来るまで聴き込み、さらにサウンドを分析、追求して真似しないと納得出来ません。

万事、何事に置いてもこんな感じでハマりやすい性格ですので、ある時期から自分でこれ以上ハマることを増やさないようにさえしています。何故って?時間と身 体がいくつあっても(予算なんかもですが)足りなくなるからです。趣味もそうです。音楽だけでも毎日好きな音楽を好きなだけ聴いている時間なんてとてもあ りません。それだけでなく楽器をいじったり、演奏の練習をするのと、歌詞を覚えるのと、音作りをするのと、打ち込みをするのと、録音するのと、ライブするのと、ライブ用の準備をするのと・・・なんて音楽だけでも時間はいくらあっても足りません。

音楽の他に趣味は?って話ですが、洋楽がきっか けで英語が好きになり、英語の勉強を独学で続けています。それに英語の勉強がてらよくDVDで洋画をみたりもしますし。でもこれ以上、趣味は増やせませ ん。大好きな音楽と英語に割く時間を減らせないからです。昔からよく、一般的な趣味で釣り、ゴルフ、パチンコなどに誘われることが多いのですが、これらはことごとくお断りしてきました。いや、実際に楽しいのでしょうけど、私にはそれらに充てる時間とお金がないのです。そしてやってみると絶対にハマってしま う自分が見えているのであえて手を出さないのです。

子供の頃はマンガにハマって、漫画家になる!とか言ってマンガに夢中でしたし、中学時代前半はカンフー映画に憧れて中国拳法にハマって中国語まで勉強したりしてましたし・・・

そして中学2年生頃から洋楽にハマって以来、英語と音楽に取り憑かれているわけです。

本当にきっかけはたいしたことではないのですが、いろんなことにハマりやすく、一度ハマったらとことん追求しないと気が済まないという厄介な性格なのです。 というわけで、このブログでも度々ご紹介している私の聴いてきた音楽は80’sを中心にピンポイントで気に入ったアーティストにはとことん強い思い入れを 持っていますが、幅広く網羅しているわけでもなく、結構穴だらけ的な、えっ、それは知らないの?てこともかなりあります。そして私がハマるタイミングというのもかなり時代の流行と関係ないところがありまして、リアルタイムで流行っているときに聴くよりもどちらかというと流行が過ぎ去った後にひとりひそかに ハマってることが多いです。

例えば、90年代に大人になってからYESやELPにハマりましたが、YESやELPは聴きまくったものの、同 じ70’sプログレの代表格バンドである、キングクリムゾンやピンクフロイド、さらにはジェネシスなどはほとんど聴いたことがありません。プログレに関し てはほぼYESで満足しちゃった感じなんです。他にもメタルバンドはどちらかというとほとんど知らないに等しいのですが、メタリカだけは別格で、メタルが好きなのではなくメタリカが大好きなんです。テクノ関係に関しても私たちの世代はギリギリYMO世代なのですが、私がYMOにハマったのは90年代に再生してからです。ハードロックならDeep PurpleよりもLed Zeppelinですし、はたまたAerosmithやVan Halenも大好きですし。キーボーディスト・シンガーならStevie WonderやBilly Joelですかね。

こんな感じで私の音楽の聴き方というのもかなり人と違う、特定のジャンルが好きというよりは気に入ったアーティストをとことん聴き込む感じなんです。なので特定のジャンルが好きな方と深いお話をしているとそのジャンルに関して全然知らないことが多々ありまして、自分の無知さを露呈してしまうことがよくあります。ですが、自分の気に入ったアーティストのことなら人一倍楽しんでいます。全体的に聴き込んでいるモノがかなりイビツなんですよね。広く浅くでもなく、ぽつらぽつらと深く聴いている感じで。基本というか入り口は80’sのエレポップやらシンセがフィーチャーされた音楽でキャッチーなものが好きなんですが、ジャンルではなく、やっぱりアーティストで聴いてしまいます。まぁ、そもそも音楽のジャンル分けほど曖昧で無意味なものはないと常日頃考えている訳です。だって例えば私の大好きなバンドDepeche Modeだってそもそも初期と現在では出してる音が全く違いますし、いろんなジャンルの要素を含んでいるわけです。そう、エレポップやオルタナが好きなのではなくてDepeche Modeが好きなのです。テクノが好きなのではなくてYMOやKraftwerkが好きなのです。

というわけで、これからもこの偏ったイビツな好みとセンスで80’sアーティストを中心にご紹介していきますので今後も引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中