打ち込み生活 復活への道 続編

Posted: 2月 7, 2013 カテゴリー: Synthesizer & MIDI
タグ:, , ,

打ち込み生活 復活への道 続編

昨日は久しぶりに10年以上ほったらかしていたシンセ関係の古いハード機材を引っ張り出してセットアップしてみました。で、それから長いブランクの分のリハビリを兼ねてあれこれシンセをいじり倒していたわけです。今回セットアップしたシステムの詳細はこちらです。

リハビリとは言いましたがKAWAI Q80については全く問題なく手が覚えてましたね。各トラックのMIDIchの設定からリピート指定、録音したトラックのエディットなども。

そこでノってきたので軽く思いつくままサウンドスケッチしてみました。使ってるのはとりあえずKAWAI Q80と相変わらず液晶の表示の怪しいRoland JX305、それにKORG ELECTRIBE ES1だけですが、ちょいと形になりつつあったのでとりあえず録音しようと。

ここで問題発生、久しぶりにMacbook Proに繋いだM-AUDIOのFirewireオーディオインターフェイスが認識されない模様。本家サイトからドライバーを落としてインストールしなおすも同じ・・・ちょっと前まで使えてたのに。

コイツは簡単にあきらめて、昔使っていたRolandのUSB(たしかUSB1.0時代のやつ)オーディオインターフェイスを繋いでライン入力を確保。ああ、PCて面倒くさい!音楽やる気が失せるね。

で、これまた久しぶりに起動したフリーのサウンド編集ソフトAudacity、何度か試し入力で音量などを軽くチェックしつつ、やっと先ほど出来かけたシーケンスネタをRec!

しばらく調子よく録音してたら途中、1歳の息子が帰ってきて乱入、鍵盤やらシンセのパッチボタンやらを連打・・・ここで録音終了。でもまぁ4〜5分録音出来たから良しとします。多分彼の乱入がなければもっと無駄にだらだらと長い録音時間でHDDを圧迫していたことでしょう。

あとは後半のえらい騒ぎになってた部分をバッサリとカットして、その前の部分を何事もなかったようにフェードアウト処理です。それと録音レベルもちょっと物足りなかったので気持ち持ち上げて。最後にmp3に書き出してっと・・・Lameが入ってませんって言われて慌ててダウンロード、これでやっとmp3ファイルの完成です。

こうしてとりあえず記念すべき復活第1弾のシーケンスネタ(といってもデータはあまり重要視してませんが)が録音出来ました。とりあえず感覚のままに気持ちいい音を並べただけですので、全然中身はないですが・・・

とりあえずPC上で聴き返してみると・・・最後のフェードアウトが処理されてない。という落ち。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中