エフェクトについて考える。

Posted: 3月 24, 2013 カテゴリー: Synthesizer & MIDI
タグ:

エフェクトについて考える。

本日のネタは「エフェクト」です。非常に深い世界です。音楽でいうところのエフェクトといいましても、コンプやEQなどのダイレクト系から、リバーブやディレイなどの残響系、オーバードライブやディストーションといった歪み系、コーラスやフェイザーなどのモジュレーション系と他にも細分化していけばまだまだ挙げればキリがありません。

これらエフェクトのおかげで音楽に様々な彩りが与えられたり、すっきりと聴きやすくまとまったり今の音楽にはもはや欠かせないものです。

ですが、私の理想の考え方は真逆で、極論を言いますとエフェクトに頼らない原音主義です。料理などに例えれば「素材の鮮度がすべて」とか「素材の旨さを引き出す」といった考え方です。いわばエフェクターは料理では調味料であって、素材ではないということです。使い方によっては素材を最高の味に仕上げてくれますが、過度に多用したり、まずい組み合わせであったりすれば立ち所に素材の旨味を消し去ってしまいます。

音楽でいうところの素材とは、歌であったり、楽器の演奏そのものであり、それを最高の料理に仕上げるの調味料がエフェクトです。今や誰でもデジタル機器やPCの性能の向上により手軽に様々なエフェクトを楽しむことが出来ますが、それは素材あってのことだと思うのです。

例えばある曲を録音するとしてリバーブですと、PC上のDAWやデジタルミキサーなどで本当に手軽にクリアな音質で効果が得られますが、本当にその曲にあったリバーブとはどんなリバーブでしょうか?もしくはマルチトラックに録音したとしてミックスダウンの時、どのパートにどのくらいかけますか?トータルリバーブは?

勿論、音楽ジャンルにもよりますがある程度の定説といいますか、基本的なお作法のようなものは存在しますが、果たしてそれが正解なのでしょうか?

多くのミュージシャンやエンジニアにとってはこの辺りのミキシング作業は非常に迷いが生じるところだと思います。私自身も今まで音楽をやってきて一番楽しいところでもあり、一番終わりのない悩みどころでもあります。そしてほとんどの場合、答えといいますかヒントは一番最初にそのフレーズを弾いたときだったり、歌ったとき、つまりパフォーマンスを録音したときの気持ちだったり、気持ちよかったポイントにあります。そう、答えは素材にあるのです。時間をかけてミックスをすればするほどこの最初の気持ちは忘れ去られ、全然違う方向に向かってしまっているのです。

弾いてるときや歌ってるときに自分がどう伝えたいのか、そういう想いが素材の旨味となってあとあと活きてくると思うのです。手軽に高音質なエフェクトが得られるからといって後でどうにでも出来るだろうということでは、そこに素材の旨さはありません。極論を言えばそういう想いの詰まった歌とか演奏というのは人の心に響くものであり、原音のままでも充分説得力のある音楽だと思います。音作りという点で言えば、プレイするこの時点でその想いを伝えるために必要なエフェクトを含めて音作りしたほうが結果としていいものが出来るのではないでしょうか。闇雲に調理に時間をかけ過ぎていたのでは素材の鮮度がなくなってしまいます。

あと大事なことは音質がクリアとかそういうことではないと思います。確かに高音質に処理された音楽は聴いていて気持ちいいですが、そこは音楽の本質ではありません。50年代や60年代などの古い音源を聴いてみれば納得できますが、当時の録音技術で作られたレコードでも未だに聴いていて楽しめるのはそこに本当の音楽があるからだと思います。

エフェクトに頼らず、もう一度、原音の旨味に注目して、そのワンフレーズのおいしいところは何なのか、こういったところから音楽を作ってみたいと思う次第です。

なんだか精神論?みたいになってしまい、全然エフェクトについて考えてない期待ハズレな文章になってしまいましたね。

などと大層なことを言っておきながら、私自身、食べる方は全くの無頓着でジャンクフードもインスタント食品も大好物で、何にでも醤油をどばどばかけてしまうような食生活で素材のおいしさなどかけらも分かってないのですが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中