近年のThomas Dolbyが素敵過ぎるぜ。

Posted: 5月 11, 2013 カテゴリー: 80's Music & Artist
タグ:

近年のThomas Dolbyが素敵過ぎるぜ。

最近ハマっているYouTube巡り。中でも近年、音楽活動を復活して精力的にライブ演奏を行っている大好きな80’sアーティストThomas Dolbyが素敵過ぎるのでご紹介します。さすがに若い頃から比べるといくらか?ふくよかになられてますが、私だって他人のことは言えないので・・・でも本当、いい感じのオジさんになってますね。こういう歳の取り方したいものです。


Thomas Dolby – She Blinded Me with Science (Live on 89.3 The Current)

往年の彼の代表曲です。「Science!」今聴いても本当に面白い曲で、サウンドも全然古さを感じません。サウンドもそうなんですが、彼のヴォーカルも表現豊かで面白いんですよね。機材も必要最小限にコンパクトでカッコいいセッティングです。サンプラーもオモチャみたいな使い方でニコニコしながらパッド叩いてるし、それにシンセソロのチープなサウンドもたまりませんねぇ。


Thomas Dolby Live – “I Love You Goodbye” – Anthology, 2012

こちらは4thアルバムの1曲目「I Love You Goodbye」、コレまた大好きな曲です。こちらはバンドでの生演奏ですね。バイオリンとバンジョーも入って、原曲に忠実に演奏してますね。そしてこの曲、ピアノも大好きなんですよね。決して派手ではないもののシンプルでいい曲です。


Thomas Dolby Live – “The Flat Earth” @ Largo, 2012

そしてやっぱりコレ。2ndアルバムのタイトル曲、邦題「地平球」。この歌メロも大好きですね。
ウン、やっぱり素敵過ぎるこのオジさん。極限にシンプルでスカスカなサウンドなんですがこのメロディが本当に染みるんですよね。


Thomas Dolby Live – “One of Our Submarines” – Live at Largo, 2012

この曲も初期の大好きな曲なんですが、アレンジが大胆というかカッコよくなってますね。モノシンセのリフもすごいいい音してるし。後半のシンセパッドなんかもフワフワしてすごく気持ちいい音ですね。

そうかと思えば最近の曲らしいのですが、すごいかっこいいこんな病的な曲も!


Thomas Dolby – Spice Train (Live in the Bing Lounge)

メロディも打ち込みも遊び心満載の曲ですね。1回聴いたら忘れない感じの。最近の新しいアルバム買わなくちゃ!


Thomas Dolby – Evil Twin Brother (Live in the Bing Lounge)

そうかと思えばこの曲はすごい渋い。さすがです。彼ならではのサウンドの質感とアレンジ。どうやらこの辺の曲、2009年発表のアルバムからのものらしいのですが、お恥ずかしながら私、まだチェックしてませんでした。ああ、今すぐ欲しいです。そしてライブ見たいですね。

thomas_dolby_map_of_the_floating_city
Thomas Dolby “Map of the Floating City” 2009年発表。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中