噂のドラムマシンDM1をGET!

Posted: 6月 2, 2013 カテゴリー: Computer, Apple, Mac, iPhone, GarageBand
タグ:,

噂のドラムマシンDM1をGET!

昨日MainStage2を購入したiTunes Storeの残額で、前々から気になっていた噂のドラムマシンアプリ、DM1 – The Drum Machineをゲットしました。

Mac App Store – DM1 – The Drum Machine

スクリーンショット 2013-06-02 21.40.27
Fingerlab DM1 – The Drum Machine Mac App Soreで¥450

iPhoneやiPad用のアプリでは相当な人気らしく、以前から欲しかったのですが今回は思い切って?Mac版を購入しました。画面は相当シンプルに出来ており、16分音符を埋めていく感じで一度でもハードのドラムマシンを使ったことがあればすぐ使える感じの操作性です。私もこの画面を見てすぐ使いこなせるけど、どうせすぐ飽きる類いの「お遊び」感覚というつもりでインストールしてみたのですが、これがどうしたことか、内蔵のプリセットサウンドが想像以上に本格的でして。

定番のRoland TR808や909、YAMAHA RX、さらにはLinn9000などのヴィンテージドラムマシンからCASIOのミニキーボードのリズム音まで入っていてミキサー画面でそれぞれピッチやパンの設定が出来ます。もちろんアコースティック系のドラムサウンドも豊富にあり、最近のハウスやエレクトロ、ヒップホップまでをも網羅する充実ぶりに加え、オリジナルの波形を読み込んで自分だけのドラムキットを作成するのも簡単です。丁度、ここのところネットで集めまくっていたワンショットもののドラムサウンドのwavファイルも豊富にあるのでそれらも取り込んで活かせそうです。

また、音だけでなくエフェクトも2系統同時に使えディレイやリバーブ、オーバードライブやフィルターなど一通り揃ってます。そして従来のドラムマシンのようにこれだけでソングを組むことも出来るのですが、ソングやパターンをwavで書き出せるというのも便利ですね。これで基本的なパターンを組んで、書き出したwavをGarageBandに貼付けみたいなことも出来そうですので、GarageBandでオリジナルのドラムパターンを手軽に扱えそうです。

まだ少ししかいじっていませんが、予想以上に相当遊べそうでして、これで¥450は「お得」を通り越して「破格」だと思います。桁がひとつ多くても充分投資に見合うアプリではないでしょうか。MainStageのインストールに伴って追加したコンテンツ類と合わせてしばらくドラム関係の打ち込みのネタには困らない環境が手に入りました。

GarageBandをいじり出してからというものループものの波形をバラして使うことが多かったのですが、やはりドラムの打ち込みの醍醐味は、こういったドラムマシンならではのひとつひとつの音源を思い通りに並べてパターンを組んでいくことだと再認識させられました。個人的には、普段は出来るだけお金をかけずに「無料至上主義」で打ち込み音楽をやっているわけですが、たまにはこういったわずかな投資もいいものですね。本当に僅かな金額ではありますが、やはり無料では味わえない世界があるのですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中