80′sアーティスト列伝 The Jets

Posted: 6月 10, 2013 カテゴリー: 80's Music & Artist
タグ:,

80′sアーティスト列伝 The Jets

ここのところ仕事関係などでいろいろございまして、珍しく1週間ほどブログを更新出来ませんでいました。

今日は久しぶりに少し音楽を聴く時間が出来たので、この貴重な自由時間、何を聴こうかとiTunesのライブラリを物色していましたところ、出てきました。是非ご紹介したい、80’sならではのとびっきりのダンスチューンの数々。

85年に「Curiosity」でデビューしたミネアポリス出身の8人組、兄弟姉妹バンド、The Jetsです。

jets
The Jets 1st Album “The Jets” 1985年

1. Curiosity
2. Crush On You
3. You Got It All
4. Love Umbrella
5. Private Number
6. Heart On The Line
7. Right Before My Eyes
8. La La Means I Love You
9. Mesmerized

86年には1stアルバム「The Jets」から「Crush On You」がスマッシュヒットしました。中学・高校にかけて聴きまくっていましたね。今日は本当に久しぶりにアルバム通して聴いていますが、今聴いてもご機嫌なサウンドです。ヴォーカルも透き通って心地いい声だし。


The Jets “Crush On You” 1986年

バッキングアレンジも、このスカスカのギターカッティングやら派手なシンセブラスとか、16分音符のベベベっていう単純なシンセベースとか、えげつないエレクトリック系のドラム音だとか、私にとっては個人的にツボだらけです。

他にもM3の「You Got It All」のようにメロディが美しいスロウバラードもあったり、M8の「La La Means I Love You」のように様々なアーティストがカバーしている、68年のThe Delfonicsのソウルの定番中の定番にチャレンジしていたりとただダンサブルなだけでなく、全編を通して聴き応え満載のアルバムです。アルバム全体を通してアレンジもポップでダンサブル、なおかつ凝っていて楽しめる、演奏テクニックやヴォーカル、コーラスの実力も申し分ない、売れるべくして売れたグループだと思います。

またアルバム中、曲によっては男性メンバーがヴォーカルをとる曲もあったりしてそれはそれでまた渋い味があり楽しめます。


The Jets “La La Means I Love You” 1986年

この曲、個人的にすごく好きな曲です。PrinceとかSwing Out Sistersとか私が好きないろんなアーティストがカバーしてますが、その中でも一番聴きやすくて曲の良さが出ているのがこのバージョンのような気がします。

その後、1987年に2ndアルバム「Magic」を発表しますが、1stほどのインパクト、派手さはないような気がします。残念ながらなんかうまく安っぽくまとまったなという感じがしました。

続いて1989年の3rdアルバム「Believe」も聴きましたが、こちらはM1の「You Better Dance」はあの80年代後期独特の打ち込み系音楽機材の音がハイファイ?(って今あんまり言わないですかね・・・)ないい感じの音の質感になっていて、個人的には2ndよりもこちらの方がよく聴いてました。他の曲も前作までよりもちょっとだけ大人っぽくなっていてシリアスさが感じられます。でもその分ダンサブルな派手な曲はかなり減っています。どちらかというとR&Bのヴォーカルアルバムといった感じでしょうか。

個人的に持っているのは80年代のこの3枚だけですが、中でもやはりパワフルさというか、若さ溢れる1stアルバムが一番好きですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中