KORG 707

Posted: 11月 17, 2013 カテゴリー: Synthesizer & MIDI
タグ:,

KORG 707

先月に引越してから、ようやく楽器を置くスペースが出来たのですが、置いてみたもののなかなかセッティングしたりいじってみる時間が取れずに放置していました。

IMG_2799
こちらがメインのキーボードスタンド、久しぶりに昔ライブで使っていたULTIMATEの一本脚タイプをひっぱりだしてみました。上段がRoland JX305、下段がYAMAHA SY85、右側にはラックやスタンドに収まりきれずハードケースの上にKORG Electribe兄弟 EA-1、ES-1が、その奥には完全に隠れていますがかつてのメインリズムマシンであるRoland R-8もおります。

IMG_2802
そしてこちらがラック機材たちです。一番上はMACKIEのミキサー1402-VLZ PRO、2段目は愛用のメインシーケンサーKAWAI Q-80が2台、以下、KORG MIDIパッチベイKMP-68、音源はYAMAHA TX81Z、Roland JV-880、AKAI サンプラーS01といったところです。

で、多分15年ほどずっと使用してなかったKORG 707。

IMG_2807

以前、ライブでの演奏用にストラップをつけてMIDI鍵盤として使用していたのですが、案の定、内蔵バッテリが切れていて何も覚えてない状態です。昔、買ったばかりのときはそのしょぼいサウンドにがっかりしながらもタッチセンス付き鍵盤だったのと、音色のエディットが結構簡単だったので弾きたい音の ”芯” の部分を作って他のPCM系のサウンドと混ぜたりして使ってました。

で、このもはやプリセット音色すらも入っていない状態の707ですが、この度、メインの打ち込みセットとは完全に切り離して、GarageBand専用の入力用鍵盤としてMIDIインターフェイスでMacに直結して使うことにしました。GarageBandなら、MIDI chの設定すら必要ないので繋いだだけですぐ認識して、アクティブなトラックのみすぐ弾けます。今まで狭いスペースで入力用の小さい鍵盤欲しいと思ってたのですが、これで充分です。49鍵とはいえミニ鍵ではなくタッチセンスの付いたフルサイズ鍵盤ですし、別に常に両手で弾くスタイルでもないですし、パートごとに弾いていく分には問題ありません。

せっかく昔使っていたメインの楽器をほとんどセッティングしたのに、JX-305やJV-880の液晶が壊れていることもあり、またしばらくは結局GarageBandとこの707のセットでの打ち込みの方がメイン環境になりそうですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中