リズムへの探究心・・・YMOってやっぱり。

Posted: 12月 30, 2013 カテゴリー: 80's Music & Artist, Synthesizer & MIDI
タグ:

リズムへの探究心・・・YMOってやっぱり。

このブログではあえて今まで邦楽のアーティストについてはあまり触れていませんでしたが、久しぶりにふとYoutubeで見つけた動画でコレはと思いましたのでご紹介いたします。


グルーヴのないリズムの追求

YMOの御三方が当時の技術(シンセやシーケンサーの登場)を前にして、いかにエキサイティングにリズムの追求をしていたか、彼らの功績の大きさが身に染みますね。やっぱり深いですね、いろいろと。

途中いきなりセッションが始まり、細野さんが乗り遅れるところが惜しいところですが。「終わっちった」って。

途中、KraftwerkやGiorgio Moroderの存在の大きさも非常に分かりやすく解説されています。

この動画、scholaという番組の一部で、私はたまたま4から観てしまったのですが興味がある方は1から観るともっと楽しめます。

1では教授とピーター・バラカン氏が現代音楽のリズムの歴史を、2では幸宏氏を迎えドラムの役割の変化について、3では細野氏がベースについて非常に興味深いお話をされています。そして5では機械と人間のリズムの融合について紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中