VirtualBox 未解決事件簿

Posted: 2月 22, 2014 カテゴリー: Computer, Apple, Mac, iPhone

VirtualBox 未解決事件簿

すっかりご無沙汰しておりますが、夜な夜なVirtualBox上のWindows XP環境で作業中、奇妙なことが起きまして怖い思いをしたもので、コレは格好のブログネタとばかりに久々の投稿でございます。

といいますのも、作業中にゲストOSであるWindows XPのウィンドウがこつ然と姿を消してしまったのです。

どういうことでしょう?

もちろん、Mac OS Xのドックにもその姿はありません。どこに隠れたのか必死で捜索するもそのウィンドウは出てきません。困り果ててVirtualBox マネージャーに戻るとプレビュー画面ではWindowsが平然と起動中の様相です。

起動してるけど見えない状態で、こんなの初めてです。

で、どうしようもなくVirtualBoxの”仮想マシンメニュー”から、”リセット”を選択、「保存していないデータは消えちゃうよ」という旨の警告が出ましたが、強制的にWindowsを終了することは出来ました。

「どうせ再起動したら何事もなかったかのように動くさ」とばかりに仮想マシン「Windows XP」を起動しなおそうとしたら、今度はエラーでWindowsが起動出来ない状態に!試しにもうひとつ別にインストールしてある会社のお仕事用のWindows 7を起動しようとしても同じエラーで起動出来ません。

ちなみにこんな感じのエラーです。

終了コード : NS_ERROR_FAILURE (0x80004005)
コンポーネント: Machine
インターフェース: IMachine {aa・・・・・

ここでさすがに心配になってネットでいろいろ調べてみると、どうやら「VirtualBoxを一度アンインストールして、インストールしなおすしかない」という情報や、「それぞれの仮想マシンのHDDのイメージファイルであるvdiファイルが壊れてるのでWindowsをインストールしなおすしかない」ような情報もあり、一気に背筋が凍りつきました。

もうお手上げです。

でもWindows XP環境には先ほどまで作業していた途中のファイルが(結構な時間のかかったものをメールで送ろうとしかもメール自体が長文の)あり、諦めきれません。

一度落ち着いて、とりあえずは外付けHDDに現存のVirtualBoxフォルダごとバックアップだけでもしておくかと。

しかし、ふたつのWindows(XPと7)環境をまるまる含めたVirtualBoxフォルダは160GBほどの容量で、いざコピーを開始すると「残り時間 1時間」と。

時間がかかるのは仕方がないのでバックアップする間にもネットでさらにいろいろ調べてみる。

自分の環境でコレだ!という解決策が見つからないまま、バックアップが終わり、何気なくWindows 7を起動してみると今度は何とすんなり起動するではありませんか!根本的に何もしていないのにです。厳密にはバックアップだけしかしてないということですが。

嘘だろ?と疑念を抱きつつも今度はXP環境を起動するとこちらも問題なく起動成功!

で、先ほどの作業中の長文メールはThunderBirdの下書きフォルダに、止まる直前のものが残っていましたので、無駄に数時間怖い思いをした以外のデータの実害はありませんでした。

「ありがとう!Thunderbird!」

それにしても奇妙な体験でした。私の浅い知識ではとても解決出来ないところでした。たまたま治った?といったところです。根本的に何も対処していませんので、いつまたこのような事態が起こるとも分かりませんが。

家ではほぼMac OS X 10.7.5だけで、会社では仕事用にVirtualBox上のWIndows XP、Windows 7を使っているのですが、仕事中に今回のような事態になったのでは完全にOUTですので、安定した環境とバックアップというのは本当に大事ですよね。前々からOS X 10.9 Mavericksが気になってはいるのですが、この安定した仕事用の環境のことを考えるといろいろ不具合なども聞こえてきており、なかなか前に進む勇気が出ませんね。

結局、原因も対処法も全然分からないまま普通に起動出来るようになってしまったので、未解決事件簿となってしまいました。同じようなトラブルに遭遇されて対処法を検索した結果、このブログを見ても何の役にも立たない情報ですが、VirtualBox自体のアンインストール・再インストールやWindows OS自体の再インストール、仮想マシン自体の新規作成などとなりますとやはり今までのデータは諦めなくてはならない可能性が高いですので、そこまで追いつめられたら、とりあえず、Mac自体を再起動してみるとか、時間をおいてVirtualBoxを再起動しなおしてからWindowsを起動しなおすとか、もしかしたら何も手を加えなくても、少し時間をおいて再チャレンジするだけで治っちゃうかもよ!ということをお伝えしたいと思いまして。私自身、ものすごい焦りましたし、久しぶりのこの緊張感、充分スリルを味わわせていただきましたが、こういうときはいかに落ち着けるかというのも大事なわけでして。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中