「Apple Loops」タグのついた投稿


MainStageデビュー。

ここ数日の個人的なGarageBandのネタ探しから始まって、Apple Loopsライブラリの整理(未解決)、そしてサンプリングCDなどのネタからのAudacityでの波形編集、Apple Loops ユーティリティを使ったタグ編集などなどの一連の騒動についてですが。

自分で追加したループが元のフォルダから削除しても、ライブラリから消えてなくてループブラウザで表示、再生されてしまうという謎の怪現象については、散々ネットで調べてみましたが、ほとんどお手上げ状態でして、もう解決策がみつかるまでは諦めてこのまま使おうかと思っているところです。

そして本日、こんな状況の中ついにといいますか、諦めついでに前々から欲しくて我慢していたAppleのMainStageを購入してしまいました。

これ、本来はMacを楽器(音源)やエフェクターとして使おうという発想のソフトなのですが、もちろん目的はGarageBand用の音ネタです。まぁ、Macで音楽をやっている方にとっては、何を今さらとお思いでしょうが、Appleの上位版DAW環境であるLogic Proの音源やエフェクト類、そして昔JamPackとして1本1万円以上で販売されていましたApple Loopの豊富な音ネタの数々などなどこれらがわずか¥2,600で手に入るという素晴らしい内容なのです。もちろん、本来のライブ演奏用のソフトとしても申し分ない機能が満載なのですが、GarageBandの音源拡張手段としてもかなりのコストパフォーマンスで人気のようです。

Mac App Store – MainStage

購入を決意して、コンビニから¥3,000分のiTunesカードを買ってきて早速インストール、標準状態でも約2GBのダウンロードが必要です。

スクリーンショット 2013-06-01 17.21.23

とりあえず、夕食やお風呂など家族との時間を楽しんでいる隙にこのくらいは終わるだろうということで放置です。ちなみにネットからこれほどの大容量のダウンロードというのもおそらく今までない、自分史上過去最大規模のダウンロード大作戦ですので、無線LANでは心細いので久しぶりに昔、自室に引き込んであったLANケーブルをMacBookにぶっ差していくらかでも通信環境を整えて挑みました。

基本コンテンツは意外にも1時間もかからず終了し、インストールされたMainStageを起動すると続いてダウンロード可能な拡張コンテンツをインストールしておくかという旨のダイアログが出ます。無論、こちらはむしろ本体よりもそれが目当てですのですべてインストールを選択。

スクリーンショット 2013-06-01 20.32.06

どうやらこれが全部で約20GB近くあるということで、もしかして朝までかかるのか?という嬉しいやら悲しいやら何とも複雑です。そしてダウンロードの完了を心待ちにしながら手持ち無沙汰なのでブログを書いているところなわけです。

そうです、実はまだタイトルのようには、MainStageデビューしていません。残念ながら。さながらデビュー前夜とでもいうべき状況です。MainStageの使い心地、使い方などは今後随時お知らせ出来ることがあれば書いていきます。

そして今回おまけとして残ったiTunesカードのクレジット¥400分と、かなり前に残っていた¥70分を足して、これまた前から気になっていたドラムマシンアプリDM1 The Drum Machineもギリギリ¥450でしたので迷わず購入、インストールしました。これもちょっと前からいろいろなところで話題になっておりまして気になっていましたのでちょうど良かったです。こちらも今後使ってみてレビュー記事が書けたらと思っています。

Mac App Store – DM1 – The Drum Machine

 

広告

GarageBandループライブラリの整理・続編

ここのとこ、GarageBand用にと、とりあえず元々持っていた音ネタやら、最近ネットで落としてきたフリーのループネタなんかをガンガン入れていたところ、ループブラウザで表示されているものの再生出来ないファイルやら、そもそもサンプリング用CDのネタでループになってなかったりというもの、またかぶって2、3個表示されているものもあり、大規模なライブラリの整理が必要になってしまいました。

しかし、連日お伝えしています通り、これが膨大な量でして。

さしあたり、サンプリング用のネタCDのサンプルは波形編集のフリーソフトAudacityで、丁度2小節とか4小節に切り取りループ出来るようにチマチマ加工を始めてみました。

スクリーンショット 2013-05-29 23.09.51
Audacity

これはこれで何とか慣れもあり、毎日ちょっとずつこなしていこうかと格闘中です。

さらに先日ご紹介いたしましたApple Loops ユーティリティを使ってタグなどを打ち込み、テンポやビートを設定してGarageBandで使えるようにと考えているところです。

しかしそれよりも壁にぶち当たっています問題が、膨大かつ再生出来ないものまでごちゃ混ぜの状態のGarageBandのループブラウザの整理です。もういっそのこと一回標準のものだけの状態にして、Appleのネタ以外はイチから入れなおそうかと思い、いろいろ調べてみたところ、どうやら以下の2つを消去、そしてあらたにGarageBandを起動してループファイルをループブラウザにドラッグすることでループライブラリのインデックスを再構築してくれるらしいのですが・・・

Macintosh HD / ライブラリ / audio / Apple Loops / User Loops

Macintosh HD / ライブラリ / audio / Apple Loops Index

もちろん、せっかく集めたネタである「User Loops」は外付けHDDにバックアップしてありますが、これで確かにGarageBand上で自動的にインデックスの再構築をしてくれるのですが、その後も何故かUser Loops内にあったネタもループブラウザに表示され(消えてない!)元ファイルを起動ディスク内から削除しているにもかかわらず再生までされるという・・・

この「一回GarageBandに入れた他社製のループファイルを削除する」ということが、ネットであちこち探しても確かな情報がなかなか出てこなくて困り果ててます。それにしても元ファイルがないのにGarageBand上で再生するというのはどういうことなのでしょう?気味が悪いです。もちろんループを追加するのは、ループブラウザ上に直接ファイルかフォルダをドラッグすればいいのですが、削除するという概念がどうやらGarageBandには備わっていないようなのです。

何度も試行錯誤していたら終いには元から入っている純正のApple Loopsだけ表示しなくなったり。

もう完全にどツボにハマってしまっています。とりあえず今日も波形のエディットやApple Loops ユーティリティでタグ打ちしたりと波形ファイル単位での整理は続けているのですが、肝心のGarageBandのループブラウザ上での整理がままならない以上、しばらく創作活動に戻れない感じですね。この辺りAppleの上位版DAWであるLogic Proなら違うのでしょうかねぇ。

それにしてもGarageBandのループブラウザって、本当にブラウザなだけで検索したり試聴出来るのみで、ループブラウザ上でファイル管理というか、ファイル構成の編集や要らないファイル・フォルダごとの削除とか出来ないんですね。コレ、ものすごい不便です。最初から入ってるネタだけで遊んでた頃は何も思わなかったのですが、ちょっと本気で使おうとするとコレですものね。

いつになったら集めたネタも含めて快適に創作活動が出来るのかまだまだ気の遠くなる日々が続きそうで憂鬱です。どなたか解決方法をご存知の方などいらっしゃいましたらお知らせいただければ本当、助かります。


GarageBandのループネタ整理で途方に暮れる。

昨日お伝えいたしました通り、GarageBandで使うループネタを集めまくってきたところ、ワンショットもののドラムサウンドも含め膨大な数のサンプル波形が手に入ったまでは良かったのですが、今度はその整理やらApple Loopsとして変換していつでも手軽にGarageBand上で使えるようにということで方法を探してみました。

今回分かったことはGarageBandのみでは特にApple Loopsとして作成するのは厳しいということと、どうやらApple Loops ユーティリティというSDKを使えば出来そうだということで。早速インストールしてみました。

入手方法はAppleのデベロッパー登録をすると下記のサイトから無料でダウンロード出来ます。

https://developer.apple.com/jp/technologies/mac/audio-and-video.html

スクリーンショット 2013-05-28 23.42.56
Apple Loops ユーティリティ

wavファイルをaiffに変換し、ループもののビートとテンポ(ある程度自動で認識するようです)を指定して、必要とあらばキーも指定出来ます。そして検索用のタグを選んで保存という流れ、意外と簡単にGarageBandで使える形に出来そうです。

フォルダ単位での読み込み、変換も出来るので同じフォーマットで同じ拍数、テンポのファイルでしたらまとめて効率的に変換出来そうです。

とりあえずこれでちょっとずつGarageBandで使えるように設定していこうかと思います。ただGarageBandがいちいちApple Loopのインデックスを作りなおすので、今現在はネタのフォルダ構成やファイルがwavだのaiffだのごっちゃになってるので、ある程度まとまりがつくまではGarageBandでの作業は中断ですね。

一気にネタ増やし過ぎたので結構骨の折れる作業になりそうで、方法は見つかったもののいざやろうとすると途方に暮れる次第です。